くらえハッカー! 今日も仮想通貨界の平和のタメ戦うのだ!!

我ら!!ネコ仮想通貨防衛軍

コインチェックが補償の詳細を発表!その内容は鬼のように男前だった!?

2018年1月28日

コインチェック

昨日取り上げた、コインチェックの件ですが、対応にしばらくかかるのかなと思っていましたが、記者会件で追及されていた内容を、さっそく公開しましたね。

あの大ピンチの状況で、あやふやだったデータをすべてオープンにしています。

その対応の早さから、取引所の信用は一転して回復しているようです。

その公開された情報を説明していきます。

 

ネム(NEM)の補償

コインチェックで被害にあったNEMの保有者に対し、会社は以下の補償方針を発表しました。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

引用:コインチェック

 

こちらにも書かれてますが、「補償方法は、 NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。」ということです。

昨日 コインチェックのチャットの内容をご紹介しましたが、この発表の早さと この回答の内容を予想していた人は、いなかったと思います。

 

正直 ぼくもお金が戻ってくることは ネム財団が動くまで難しいと思いましたし、気長い待つ覚悟をしていました。

その深刻な状況からいって、被害内容のデータを公表するのも、せめて1か月ぐらいかかるのかなと感じていました。

ですが、なんとほぼ、1日で この潔い回答がされています。

 

ネム(NEM)の取引額が、取引所のザイフが一番大きいことも正直に名言してますし、その金額に準じて、補償額を決めるというのは 国内の取引所間で、密な連携が持てている証拠だと感じました。

 

ネムの流出被害額

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人

昨日 のネムの単位がさっそくここで出て来ましたね。

1ネム=88.549円 で計算するということですが、これは、流失によるトラブルが発生してから このコメントを発表する間のネムの価格の平均値(加重平均値)ということです。

記者会見で何度も繰り返し聞かれた内容を、ここではっきりと回答されました。580億円分ということで、ネム(NEM)の総額は5億2300万XEMで、ほぼ予想はつきましたが、保有者数は26万人なんですね。

 

昨日 池上彰さんがやっているTVでビットコインを取り上げていましたが、そこで、言っていたのが日本のビットコインの保有者数は現在 約100万人なのだそうです。

つまり、時価総額約トップ10にはいるレベルの仮想通貨ネムでも、ビットコインの4分の1ちかく所有者数がいるという事には驚きました。

これに取引所のザイフで保有している人がもっといるわけですから、なかなかの保有者数になりますよね。ネム(NEM)おそるべしです。

ネムの補償はどうやって計算するの?

ネム(NEM)が犯人から取り返せる、取り返せないにかかわらず、その時のネムの時価で 日本円にして返金するという内容を発表されています。これは かなり勇気のいる決断だと思うのですが、はっきりと言い切られていますね。

仮想通貨の価格は刻々と、変動していますから、補償をするといってもその価格を、これって決めるのは 難しいですよね。

 

補償金額: 88.549円×ネム保有数(XEM)

この件に関して、この段階で補償する額を確定して発表されているんです。

これはすごいことですよね。しかもその金額を日本円にしてコインチェックのウォレットへ返金するということです。

この被害額の580億円を返すだけの体力が、コインチェックにあったということは驚きでしかありません。ちょっと恐れ入りました。

これ以降、ネム(NEM)の価格がどう動こうと この金額の補償を、通貨の保有者はしてもらえるということです。これはかなり潔いですね。

 

これは同時に、記者会見では はっきりしなかった、「ビットコインやリップル等他の通貨への影響はないのか?」という疑問への回答になるでしょう。

つまり、コインチェックで他の仮想通貨を持っていた人へ、今回の被害が影響することはないということだと思います。

会見では、「被害額の支払いに、リップルなどの他の通貨所持者のコインをあてがって、所有額が目減りするのでは?」といった疑問も出ていたからです。

金融庁の申請のこともきっちりとコメントしているのもいい感じですね。

 

支払いの期日や、方法はまだ未定ということですが、この判断を事件の翌日(しかも日曜日)に出したのは、コインチェックの勇気をたたえたいと思います。

そしてエールを贈りたいですね。がんばれコインチェック。
ネム(NEM)財団も対策に乗り出した模様


「盗まれたお金を取引所を通じて外に持ち出すことはできません、これは良いニュースです。このニュースは是非シェアしてください。史上最大のハッキングは数時間以内にネムのコミュニティによって解決されます。これはネムのプラットフォームとチームの強さを示すものです。」

「事件は取引所に大きな教訓を残しました。取引所はどのようなコインを上場させるか選べます。全ての取引所はネムのチームがコインチェックに対して行った強力なサポートを見るべきです。これは、リーダーシップ、イノベーション、そしてセキュリティがいかに仮想通貨の未来にとって必要かという一例でした。」

「コインチェックの事件は仮想通貨を破壊する可能性がありました。しかしコミュニティとコインチェックのチームは最初から最後まで完全な透明性を担保し、このような恐怖に打ち勝ちました。勝者はハッカーではなく我々です。」

ネム財団
https://nem.io/

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

BITPOINT

 

-ニュース・草体験記
-

Copyright© 我ら!!ネコ仮想通貨防衛軍 , 2019 All Rights Reserved.