くらえハッカー! 今日も仮想通貨界の平和のタメ戦うのだ!!

我ら!!ネコ仮想通貨防衛軍

【偽物危険!】ハードウェアウォレットLedger Nano Sを国内正規代理店から買う時の3つの注意点(購入体験談)

投稿日:2018年7月25日 更新日:

ledgerwallet.com

ヒトミ
こんにちは。ネコ仮想通貨防衛軍のヒトミです。

あなたは 仮想通貨を買いたいのに、どこで保管したらいいの?

と困っていませんか。

 

最近はハッキング(盗難)の話題も多いので、仮想通貨の保管は特に不安になりますよね。

そこで、今回は セキュリティ面で評判が高くて対応通貨の種類が豊富な

ハードウェアウォレットのLedger Nano S日本の正規販売代理店から購入したので、その過程と販売元の情報も含めてレビューしてみたいと思います。

まずLedger Nano Sとは、レジャーナノSという仮想通貨ウォレットのことで、

ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリアム(Ethereum)、

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)を始め、

多くの仮想通貨に対応していることで有名なものです。

 

これはフランスのLedger社が製造したもので、USB型のハードウェアウォレットになります。

公式によると【堅牢なセキュリティで暗号通貨資産、デジタルペイメントを守ります。】といういうことなので

さっそく実際に購入して調べていきますね。

 

レッジャーノS 概要

 

レジャーナノSのウォレットを レビューする前に、

まず販売サイトの概要をまとめておきます。

 

取引所に預けた仮想通貨の多くは、同じ口座で一括して管理されていると言われています。

つまり大元の取引所の口座の秘密キー(秘密鍵)が流出してしまうと、

そこに預けているユーザーのすべての資産が一度に流出してしまうのです。

Ledger Nano Sは、ユーザー個人ごとに専用の口座を作ることになります。

この仕組みは、ブロックチェーンが本来持つ非中央集権のテクノロジーよって成り立っています。

 

Ledger Nano Sを使うことでウォレットのロック用 秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能です。

本体を初期設定する度に生成される秘密キーは、PCと繋がない限りインターネットに接続することはありません。

 

秘密キーはLedger Nano S内に保管されますが、ただ保管するだけではなく、情報が抜き取られないよう暗号化して保管されます。

Ledger Nano Sを使用することで、取引所を仲介しなくても送金や受取が簡単に行えます。

送金速度も自分で設定できるので急ぎの時は早めたり、余裕のある時は遅くしたりなどの調整も可能です。

 

Ledger Nano Sの接続を解除しておけば、送金や受取などのやり取りは一切できない仕組みになっています。

 

リップル(XRP)など27種類以上の仮想通貨を管理

Ledger Nano Sは、全27種類~の仮想通貨を管理できます。

 

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、

リップル(XRP)、ジーキャッシュ、ダッシュ、ライトコイン、ネオ(NEO)、ストラティス、

イーサリアム、イーサリアムクラシック、アーク、コモド、オーガー、

ERC20トークン他まだまだアップデートを続けているため今後も対応通貨は増えていく予定です。

別の人気ウォレットTREZORはリップルに非対応です。

 

すべてのERC20トークンは、MyEtherWalletを使用してLedger Nano SとLedger Blueを使用して管理できることに注意してください。

有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、 暗号通貨取引のセキュリティを確実に守ります。

 

このような特長が販売サイトには書いてあります。

(一部 分かりやすいように噛み砕いて書きました)

でも、まだ難しい表現も含んでいますが

ここで 内容をすべて理解する必要はないですよ。

 

どんな通貨が保管できるか!?くらいを理解しておけば大丈夫です。それから、

ハードウェアウォレットの最も優れている点は、万が一 本体が故障しても、別のハードウェアウォレットで資産を復元することができるということです。

真に 資産を守ることができるので投資家からも高く支持されています。

 

未上場の通貨にも使える!?

レジャーナノSのウォレットのもう一つの大きな特長は、ICOの通貨で まだ未上場のトークンも受け取り・保管ができると言うことです。

ICOで発行されている、イーサリアム系のトークンは、ほとんどがERC20トークンと呼ばれるものです。

 

ERC20トークンとは

イーサリアムで作られた20番目の通貨の為、ERC20トークンと呼ばれています。これがイーサリアムの標準規格となり、それ以降 ERC20系トークンとして開発・管理が容易になりました。

すべてのERC20トークンは、MyEtherWallet(マイイーサウォレット/ MEX)と連携してLedger Nano Sで管理が可能ということです。

 

でも、レジャーナノSでも ICOのコインに対応できるもの、できないものがあります。

なので、そのようなケースで利用したい場合は 事前に、ERC20トークンであるかどうか? もしくはLedger Nano Sで管理が可能か? ICOの運営側に確認しておくこと安心ですね。

 

またERC20トークンでなくてもレジャーナノは、リップル(XRP)の保管が可能です。

(TREZORは対応していません)

さらに話題のものだとADAノアコインQTUMにも対応していますよ。

現状ネム(XEM)、モナコイン、LISKは対応していないようです。 トロン(TRX)は6月28日よりERC20規格でなくなったので利用できなくなりました。

 

いろいろと対応 非対応の噂もあったりしますが、

とにかく マイイーサウォレットで管理できる通貨であれば、ICOの銘柄も含めてすべて 保管ができると覚えておきましょう。

※Ledger Nano S本体は、マイイーサウォレット(MEW)などのwebウォレットと連携して、対応通貨の種類を増やすことが可能です。

レジャーナノSは、Google Chromeが動作する全てのコンピューターにUSB接続することで簡単に使うことができます。

 

特に購入するに前の注意点としては、

  • 携帯・スマホでは使用できない

パソコンが必要ということです。

 

私は普段Macを使っていますが、レジャーナノSは Windows10で操作することを考えて購入しました。(もちろんMacでも使用可能です。)

今回のLedgerは 多くの通貨に対応していること、セキュリティ面で評判が良いということで初心者の人でも使えるウォレットと思いレビューすることに決めました。

ですが、パソコンを持っていないことには、利用ができませんので この点はご注意くださいね。

 

公式代理店 株式会社Earth ship概要

 

現在のところ、仮想通貨ハードウォレットの日本メーカーが作ったものは販売されていません。

なので、今回のように海外製のハードウェアウォレットLedger nano Sを買う必要があるのですが、

そこで購入にあたって心配だった点は、こんな感じです。

 

  • 英語で住所などを入力するのが面倒そう
  • 海外からの配送でちゃんと届くか不安
    (過去に海外のネット通販で、決済後1か月経っても連絡がなく、結局届かなかった経験がある)
  • 海外サイトへクレジットカードの情報を打ち込むのが不安
  • 日本語のサポートがない

 

ということで、海外の公式で買えば1万円程で 50ドル(5,000円)ほど安く買えますが、今回は安心面を考慮して

国内のLedger社 正規代理店から購入することにしました。

 

販売業者 株式会社Earth ship
運営統括責任者名 谷 俊介
所在地 〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町8-1ヨコハマポートサイドビル11階
連絡先 050-1743-9444
(10:00~16:00 日本時間)

 

フランスのLedger社認定の正規代理店は、

こちらの株式会社Earth shipになります。

 

 

念のためLedger公式サイトを確認したところ、

株式会社EARTH SHIPが日本正規代理店と記載されていました。

※EARTH SHIP運営の販売サイト名は「ハードウェアウォレットジャパン」です。

 

 

この株式会社Earth shipはビックカメラやヨドバシカメラへ、Ledger nanoSの正規代理店として卸もしているようですね。

これで安心して使用出来そうです。

 

株式会社Earth shipの場合、日本語によるサポート窓口があって、アフターサービス対応時に使用するシリアルナンバーのシールが付いています。

このシリアルナンバーを登録することで、不具合があった場合やセキュリティーのアップデートなどについて日本語でサポート受けられます。(サポートを受けるにはシリアルナンバーの登録が必須)

 

この公式代理店の日本語サポートの有無の違いは、かなり大きいです。

 

楽天やアマゾンなどの非公式の業者も安く販売していたりするのですが、偽物やマルウェアなどが仕込まれていたりとトラブルが絶えません。

またヤフオクやメルカリなどで、安く手の入れようとしている人もいるようですが、

個人から新品と称したモノはまったく保証がないですし、ましてや中古品などとんでもない話です。

レジャーナノ注意点

仮想通貨ウォレットの中には、一度開封されてプログラムを改変されたものが出回っているようです。

レジャーナノSは特に 他のウォレットと違い、開封がわかるホログラムシール等は無く

紙箱をビニールパックされただけのものですので

正規代理店から直接購入が懸命です。

購入時の注意喚起

この件に関しては、メルカリの運営側が安全への配慮から ハードウォレットを出品禁止という対策をとったようですね。

 

 

ウォレットを買うからには、そこに何万円~何百万円といお金(仮想通貨)を長期に保管することが予想されます。

ちょっとの値段を惜しんで、リスクを取るなんて本末転倒もいいとこです。

大切な通貨を無駄にしないためにも、

楽天やアマゾンでなく、国内正規代理店で買うことが賢明と思います。

 

サイトから買う方法

ウォレットを買う方法は簡単で、アマゾンなどのネットショップと同様の操作でOKです。

販売サイトから、欲しい商品のページへ移動します。

基本これを買っておけばOKです。

(バックアップ用に複数購入する人もいるようです。)

購入前でも、日本語のチャットで代理店へ質問することができます。

わたしも ちょっと質問してみました。

解りやすく丁寧な回答が返ってきましたよ。

 

感じも良かったですし、

いつ売り切れになるかも分からないので速攻で購入を決断しました。

転売している人とかもいるので、個人取引などしたら話が余計にややこしい。

 

決済方法は、Amazonペイメントもあり

 

国内公式のEarth ship ハードウォレットジャパンでは、

  • Amazon Payアマゾン ペイメント⇒ Amazonアカウントでのお支払い)
  • クレジットカード決済
  • 銀行振込
  • 代引き
  • ビットコイン/アルトコイン

の5種類の方法で決済ができるのですが、

Amazonペイメントという支払いが選択できるのもポイントです。

ネットで物を買う場合 国内の会社であっても、いちいち個人情報をサイトに打ち込むのって、ちょっと不安ですよね。

Amazonペイメントというのは、Amazonへ登録した取引情報(このサイトへ入力不要)をそのまま使って支払いをしてくれるもので、

その個人情報の打ち込み作業が省略できてとても便利です。

ここでAmazon Pay(Amazonアカウントでのお支払い)を選択すると、

いきなりこの画面になります。操作はとてもシンプルで簡単です。

支払い方法で、通常入力する住所 名前まで含めて省略して、

Amazonに登録してあるメールとパスワードの2つだけで

決済ボタンを押せる画面になります。

支払い情報の確認画面を1ページ経て(その画面で支払い方法の修正も可能)、

こちらの「ご注文詳細」から注文を確定することができます。

 

注文後のメール

注文が完了すると、サイトでは以下の様に表示がされます。

 

そして、数分ほどするとアマゾンに登録しているアドレスにも購入完了のメールがとどいていました。

アマゾンからの件名は【edger : Amazon Pay ご利用の確認】になります。

 

Amazonペイメント支払いの連絡ですね。

これとほぼ同じタイミングで、レジャーナノSの国内代理店 のほうからも

 

「【公式】Ledger日本正規代理店ハードウォレットジャパン2018年7月17日注文を受け付けました」

という件名でメールが届きました。メールの送信者名は【Hardware Wallet Japan】です。

 

配送から到着までの日数

ご注文から発送まで

平日朝9時までにご注文を承った場合、

当日の出荷でございます。

朝9時以降のご注文の場合は、翌営業日の出荷です。

弊社休業日の場合も同様に、翌営業日に出荷をいたします。

 

公式サイトの アナウンスによると、

ハードウェアウォレットジャパンは通常 佐川急便の発送ということです。

佐川急便で、代理店倉庫(茨城県)から各都道府県への配達日数は以下の通り。

 

翌日配達エリア 翌々日配達エリア 【 3日以上エリア 】
< 東北地方 >
青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
< 北海道地方 >
北海道
< 沖縄地方 >
沖縄(ゆうパック)
< 関東地方 >
茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
< 中部地方 >
富山 福井 石川 愛知 三重 岐阜
< 中部地方 >
新潟 長野 山梨 静岡
< 近畿地方 >
滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
< 中国地方 >
鳥取 島根 岡山 広島 山口
< 四国地方 >
徳島 香川 愛媛 高知
< 九州地方 >
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

 

住んでいる地域にもよりますが、

関東エリアで早くて注文日の翌日~、他のエリアでも かかっても3日~ほど見ておけば良さそうです。

海外の荷物だと、2週間以上はかかることがザラなのでこの点も安心要素になりますね。

 

出荷後のメール

 

注文したのがPM7:00過ぎだったので、翌日 配送完了のお知らせのメールが着きました。

荷物の追跡も、佐川急便のお問い合わせ番号とリンクが載ってあるので問題ないですね。

 

領収書もウエブで印刷できる

それから、便利な機能として

領収書の発行が、この確認メールからウエブでできることです。

操作も簡単で、まずメールの領収書DLリンクをクリックします。

 

 

するとこの画面になるので、領収書の宛名と

但し書きを必要な内容にして 領収書をダウンロードを押すと発行することができます。

あとはそれをプリンターで印刷するだけです。

 

私はマホからでも、発行しましたが、

パソコンからでも発行ができそうです。

宛名を入れるだけなので1分くらいでできますよ。

 

正規代理店からの購入者 口コミ

公式販売サイト「ハードウォレットジャパン」の感想 口コミなどは随時追加予定です。

海外のサイトから直接買うことを思うと少し高くなるのですが、もうそれは安心を買うと思って 割り切ってこちらで買うことにしました。

 

これ1つで仮想通貨をネットから切り離して、持ち出せるため、とてもセキュリティーてきにもいいものかとおもいます!
また物自体も高級感がありとても気に入っています!
耐久性も良さそうです!

 

短期的に仮想通貨を売買するのであれば取引所に置いておくのも良いと思いますが、長期的に保有してくつもりならハードウォレットは必須になると思います。

 

Rippleに対応しているのがこれしかなかったので購入しました。PINを間違えないことと、単語を外部に漏れないようにすれば安全に保管できますよ。
値段も高すぎないので、バックアップ用にもう1個買おうか?と思っています。

 

Ledgerは対応している通貨の種類も多く、中長期で保管する人は複数保持して分散保管がいいですよ!
最新情報も欲しかったので、会員登録ができるのもありがたいです。

 

コインは5種類までしかインストールできないことに気付かず、少し手間取りました。リップルは無事、移動できました。

 

  • イーサリアム系のトークンはLedgerでOK
  • 壊れてもパスコードがあればOK
  • パスコードを紛失したら終わり(厳重管理)
  • アマゾンや楽天でなく、ハードウォレットジャパンなど正規代理店で買うこと

 

ちなみに注意事項には、このボックスには改ざん防止シールはありませんという記載もありました(英語ですが)。念のためメーカのサイトを確認したところ、
doesn’t attach any tamper proof seal on its boxes anymore as it is not useful.
とあったので、メーカ自身も改ざん防止シールは付けていない商品である、と言ってますね。

 

同系統の仮想通貨ウォレットを買いましたが、日本語の説明書がついていなかったため返品し、こちらを購入
説明書がついていてわかりやすかったです!!

海外の品を買ったがサポートがなくまったく使い物にならなかったので代わりに購入。日本語で説明書がついていたので登録できました!

特段不明点はなかった
・多くの仮想通貨に対応している
・日本語でサポートがきく

 

日本語翻訳での動画がユーチューブなどに乗っているので操作手順がわかりやすくて安心しました
一つのナノSには5つのコインしかダウンロードできないみたい
予備であと一つ買っておいてよかった

 

 

私も、はじめはAmazonペイメントのやり方が わからず不安だったのですが、

パスワードを探す手間もなく 過去のAmazonへのログイン履歴から何もしないですぐにログインできました。

 

このまますぐに決済できてしまうと 逆に簡単すぎて怖いですが、

過去にAmazonへ登録したクレジットカード等の情報がある場合は、

その一部の情報を伏せた状態で表示されて そのカードで支払うか?

また別の支払い方法を選択するか?、という確認画面があるので安心です。

 

その確認をすると、あとは「決済ボタン」を押すだけで決済が完了します。

そうすると、Amazonに登録してあるメールへ決済完了メールが、

Amazonペイメントと、Ledgerの代理店の株式会社Earth shipからの両方から届きます。

Amazonが間入っているだけで安心感がありますね。

 

はじめは、普通にクレジットカード決済する予定でしたが、

こちらのほうが全然楽ちんで ストレスフリーで注文することができました。

あとは届くのを待つのみです。

着くまでの内容は、また後日アップしますね。

 

【追記】予定通り荷物が届いた(実録)

注文から2日後に荷物がとどきました。

包装はこんな感じです。

 

では、早速 ペロっとテープを剥がすように開封します。

 

すると、ポチポチのクッション材付きの封筒の中に

レジャーナノSの箱が確認できます。

配送用の封筒から中身を取り出してみると

 

レジャーナノS本体の箱を含めて

  • レジャーナノS本体の箱1個
  • オーナー登録のお願いの紙1枚
  • お買い上げ明細書

の3点が まず入っています。

 

シリアルナンバーは何処にある?開封時の注意点

Ledger Nano S:外箱裏面

これがLedger Nano S商品の箱の表面と裏面です。

ビニールでラッピングされているのですが、

この裏面の方をみると、何やら説明が書いてあります。

 

ここで注意して欲しいのが、この説明は 透明のラッピングの上に、シールでペッタリ一面に貼り付けてあるということです。

その貼ってあるシールに、シリアルナンバー(シリアル番号)が書いてあります。

しかも、シリアルナンバーが書いてあるのはこの1か所のみです。

ですので、

 

シリアル番号がない理由

このようにラッピングを、無意識のうちに開封してグシャっと捨ててしまうと、

(透明なビニールにシリアルナンバーのシールが貼ってあるので)

シリアルナンバーが何処にも無い!」ということになるので注意が必要です。

 

ネット上で たまに「シリアルナンバーの記載がなかった」という情報をみかけますが、

おそらく、ここで気がつかなかったのではと思います。

 

代理店側も商品の特性上 ラッピングを開封することもできないので

このようにシールを外から貼る仕様は、現状仕方ないのかと感じます。

 

箱を開けると... その中身は?

透明のラッピングを破って開封すると、このようにLedger Nano Sの本体が確認できます。

 

スポンジのようなクッション材からLedger Nano本体を取り出すと、その下に説明書のような紙が 箱の底に見えます。

その底にあるクッション材を外すと

 

このように、接続用のケーブルとストラップ、説明書 など備品一式が入っていました。

 

結局 シリアルナンバーの紙を入れると中身は全部でこんな感じになります。

 

ちなみに 補足

リカバリーシート

この「Welcome Ledger Nano S」のシートの中は、3つ折りになっていて、このように開けると

簡単な案内メッセージと

 

ハードウエアウォレットを復元する際に必須になる24の単語を書きうつすためのリカバリーシートが、予備も含めて3枚入っていましたよ。

 

何度も言いますが、はじめに写真で紹介したシリアルナンバーを国内公式サイトへ登録することで日本語サポート(チャットサポート等)も受けられます。

国内公式サイトから、注文する場合はビニールのパッケージを破り捨てないように気を付けましょう。

仮想通貨持つなら今後はハードウェアウォレットは必須になるでしょう。

オフライン保管になるので、安心ですね!

 

この手の商品は正規代理店からの購入が必須です。

資産を安全に保管するのには最も適していると思いますので、興味がある方はサイトをチェックしてみてください。

 

メモ

ディバイスの機能は たえず更新されております。当サイトの記事は すべての状況を保証するものではございません。最新の手法は公式ホームページを参照されてください。公式サイトから日本語サポートを受けるためにも正規代理店からの購入をおすすめします。

正規代理店のサイト>>ハードウェアウォレットジャパン

 

続いて、レジャーナノSを初期設定したい!人はこちら

初心者でもわかりやすく説明しました👇

次におススメ
レジャーナノSを初期設定する方法【マイイーサウォレットと連携する前提編】その1

アキラねえ、ヒトミちゃん 今回買ったLedger Nano Sの初期設定とか面倒そうだね。 ヒトミそうね。そんなめんどくがりのあなたでも分か ...

続きを見る

レジャーナノSでファームウェアをアップデートする方法(その2)

-ウォレット, 仮想通貨とは?

Copyright© 我ら!!ネコ仮想通貨防衛軍 , 2019 All Rights Reserved.