くらえハッカー! 今日も仮想通貨界の平和のタメ戦うのだ!!

我ら!!ネコ仮想通貨防衛軍

東南アジアの経済と共に成長?! OmiseGO(オミセゴー・OMG)とは?

アキラ
ヒトミちゃん、見て!

何やら話題のコインがあるみたいなんだけど知ってる?

ヒトミ
どれどれ?

 

アキラ
コレだよ、このOMG!

オーマイゴッドってやつ!!

ヒトミ
これは、オミセゴーって読んであげて。

 

アキラ
Oh my godじゃないの?!
ヒトミ
今日もあきれたボケね。

平常運転で安心するわ。

 

アキラ
なんだか

今すごいバカにされてる気がするんだけど・・・・・

ヒトミ
いつものことだから気にしないで。

 

アキラ
グサッ・・・・・
ヒトミ
でも、せっかくあなたが 気になっているコインみたいだから、

今日はOmiseGO(オミセゴー)について教えてあげる!

 

アキラ
あと

僕の心のケアもお願いします(`・ω・´)ゞ

 

1. OmiseGO(オミセゴー)ってどんなもの?

OmiseGO(オミセゴー)は、2017年7月に上場したタイ発の仮想通貨・ブロックチェーンを利用した決済プラットフォームです。

銀行口座なしに、決済ができるシステムを作っていくことを目標にしています。

ベースには、イーサリアムのスマートコントラクトを利用。通貨単位はOMGです。

 

東南アジアでは、銀行口座を持たない人が大勢います。

しかし、スマートフォンは持っているので、クレジットカード決済ができなくても、仮想通貨決済が発展していく見込みがあるようです。

 

また、東南アジアの近年経済発展が著しく、何かと注目されていますね。

仮想通貨の広がりも期待できそうです。

 

問題があるとすれば、今のところ現金で仮想通貨を買うことができないので、東南アジアの人々がどのようにOmiseGO(仮想通貨)を持てるようになるかということでしょうか。

そして、OmiseGoが特に盛り上がりを見せているのがタイです。

 

2017年8月には、タイのマクドナルドとタイの金融庁でOmiseGOが採用されました。

他にも、SMBC三井住友銀行やSBIインベストメントなど大手金融企業との提携もしています。

 

OmiseGOは、Omiseという企業をタイで立ち上げた日本人 長谷川 潤 氏(CEO)を中心に開発されました。

Omiseは、2013年6月設立の主にEC事業向けのフィンテック企業です。

 

フィンテックとは?

フィンテックとは、金融系の技術のこと:Finance(金融)とTechnology(技術)を合わせた造語

 

オミセゴーCEO

出典:アセナビ

 

CEOの長谷川 潤氏は、1981年生まれ。

日本の高校を卒業後、アメリカでエンジニア、デザイナーとして大手企業やスタートアップに貢献。

その後は、米国・日本の二国で新しいサービスの立ち上げに携わり、2013年にOmise Co.,Ltd(現:Omise Holdings Pte.,Ltd.)設立しました。

 

 

そして注目を集めるのはアドバイザーたちです。

 

出典:https://omisego.network/team

 

イーサリアムの創業者Vitalic Buterin氏、

共同開発者Gavin Wood氏やビットコインの神Roger Ver氏らがアドバイザーを務めます。

 

 omisego.network 
OmiseGO: Unbank the Banked with Ethereum
https://omisego.network/team
OmiseGO enables financial inclusion and interoperability through the public, decentrali...

 

強力な陣営に、経済発展の著しい東南アジア、OmiseGOの広がりが楽しみです。

 

2. OmiseGO取引情報

 

2017年7月の上場当時は、1OMG=約38円でした。

8月には、グッと上げ 1OMG=300円、500円と順調に伸び、最高で約1,200円にまで値上がりしました。

8月は、タイのマクドナルドや金融庁が採用の発表をしています。

 

その後、小さな上げ下げを繰り返し、一時最低600円程まで下げました。

しかし、12月には爆上げし、12月中最高で約1,800円。

2018年1月に入ると最高で約2,800円ほどまで上がりました。

 

爆上げ後の2月から5月末くらいまでに、下は800円~1,000円程度、上では1,700円~2,000円程度に上げ下げがあり、

現在は900円程になっています。

 

OmiseGoは、今のところ日本国内の取引所には上場していません。

Binance(バイナンス)、HitBTC(ヒットビーティーシー)、OKEx(オーケーイーエックス)などの海外の取引所で購入が可能です。

 

OMGの購入には まずは、国内の取引所から海外取引所への送金が必要となります

 

その方法は、ステップ1~3の順番で、まず日本の取引所に口座を開設します。

そして、一旦国内でBTCやETHを購入し、海外の取引所(バイナンスなど)へ送金します。

ステップ3 バイナンスでOmiseGoの買い方

ステップ3
仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の登録方法と入金~買い方まで

ヒトミねえ アキラくん、 仮想通貨の取引所って世界中にあるのを知ってる ? アキラえっ?? そうなの ?? 国内にしかないと勝手に思ってたよ ...

続きを見る

 

アキラ
ヒトミちゃん、これはなんだか、まだ価値が出そうなコインじゃない?!
ヒトミ
可能性はあるわね! 私も注目しているわ!!

じゃあ、ここで今日のまとめをしましょう。

 

まとめ

  1. 2017年7月に上場したタイ発の仮想通貨・ブロックチェーンを利用した決済プラットフォーム。銀行口座なしに、決済ができるシステムを作っていく。べースには、イーサリアムのスマートコントラクトを利用。
  2. 東南アジアでは、銀行口座を持たない人が多くいる。しかし、スマートフォンは持っているので、クレジットカード決済ができなくても、仮想通貨決済が発展していく見込みがある。また、東南アジアの近年経済発展が著しいことも追い風。
  3. 問題は現状、現金で仮想通貨を買うことができないため、東南アジアの人々にどのようにOmiseGO(仮想通貨)を届けるかということ。
  4. 2017年8月には、タイのマクドナルドとタイの金融庁でOmiseGOが採用を発表。
    他にも、SMBC三井住友銀行やSBIインベストメントなど大手金融企業との提携している。
  5. OmiseGOは、Omiseという企業をタイで立ち上げた日本人 長谷川 潤 氏(CEO)を中心に開発された。Omiseは、2013年6月設立の主にEC事業向けのフィンテック企業。
  6. CEOの長谷川氏は、1981年生まれ。日本の高校を卒業後、アメリカでエンジニア、デザイナーとして大手企業やスタートアップに貢献。その後は、米国・日本の二国で新しいサービスの立ち上げに携わり、2013年にOmise Co.,Ltd(現:Omise Holdings Pte.,Ltd.)設立。
  7. イーサリアムの創業者Vitalic Buterin氏共同開発者Gavin Wood氏やビットコインの神Roger Ver氏らがアドバイザーを務めることも注目度が高い理由に。
  8. 2017年7月の上場当時は、1OMG=約38円だったが、8月には最高で約1,200円にまで値上がりした。その後、小さな上げ下げを繰り返し、12月~1月は急騰。2018年1月に入ると最高で約2,800円ほどまで上がった。現在は900円程度。
  9. 今のところ日本国内の取引所には上場していません。Binance(バイナンス)、HitBTC(ヒットビーティーシー)、OKEx(オーケーイーエックス)などの海外の取引所で購入が可能。

 

ヒトミ
私個人的にも、OmiseGOのこれからの成長に期待しているの!

もしかすると、 下げたこのタイミングは買い時かも知れないわ・・・・・?!

 

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

-人気アルトコイン

Copyright© 我ら!!ネコ仮想通貨防衛軍 , 2019 All Rights Reserved.