くらえハッカー! 今日も仮想通貨界の平和のタメ戦うのだ!!

我ら!!ネコ仮想通貨防衛軍

仮想通貨って何!? ネコでもわかるビットコイン・仮想通貨講座

投稿日:2018年3月14日 更新日:

仮想通貨って何!?まずは言葉の意味を知る事からはじめるわね!

 

アキラ
仮想通貨ってさぁ…。最近、テレビやインターネットのニュースで良く見かけるような気もするけど、

今まで意識した事が無かったよ。

そもそも仮想通貨って何なの?

 

ヒトミ
アナタには仮想通貨について学んでもらって、

私達と一緒にハッカー軍団黒猫の野望を阻止してもらうわ。

その為にも、まずはしっかり

仮想通貨について知ってもらわないとね。

 

アキラ
話が急展開過ぎるって各方面からツッコミが聞こえてきそうだけど、

それは華麗にスルーしよう。よろしくお願いします!

 

ヒトミ
仮想通貨って、「なんか怪しい」「自分には関係ない」「なんだか難しそう」って、

私も最初は思っていたわ。

でも仮想通貨でお金持ちになった人の事を「億り人(おくりびと)」と呼んで、そんな人達が沢山いるって事を知ってから、

仮想通貨を知らないって、人生 損してるかも!」って考えが変ったの。

 

アキラ
「おくりびと」って、随分昔に流行った映画だよね?
ヒトミ
それとは一切関係無いわ。

アナタならそう言うと思ったけど、混乱を招くから金輪際忘れて。

 

アキラ
お約束でボケただけなのに、全力で否定された・・・・!

 

ヒトミ
まずは、仮想通貨を理解する為に、4つのポイントを知ってね!

 

お金の常識がひっくり返ったお金!?

 

ヒトミ
私達が普段使っているお金は日本円ね。このお金は、政府の委託を受けて、

中央銀行である日銀(日本銀行)が発行しているの。

 

つまり、お金は国が管理しているわね。

日本同様に、アメリカならドル、ヨーロッパ(EU)ならユーロと、

それぞれの国や地域の中央銀行が管理し、発行しているお金を「法定通貨」って言うわ。

これに対してコンピュータープログラムによって発行されるのが「仮想通貨と言われているわ。

インターネット上で暗号化され、決済手段として使われる電子データなので、「暗号通貨」という言い方が正しいと主張する人もいるけど、

ここでは普及している「仮想通貨」という言い方で統一するわね。

 

 

仮想通貨の代名詞とも言えるのが、「ビットコイン。世界で最初に生まれた仮想通貨よ。

法定通貨と違って、国が管理・発行に関わることがないその仕組みは瞬く間に広がって、現在はビットコインだけでなく、1000種類以上の仮想通貨があると言われているの。

それらはビットコインと区別するために、その他のコイン「アルトコイン」と言われているわ。

リップルイーサリアムが有名ね。

簡単に言うと、国ごとに¥円や$ドル、€ユーロと単位があるように、仮想通貨でも、その発行する団体ごとに呼び名があるって事なのよ。

これらの仮想通貨、これまでのお金の常識が全く通じない新しいお金の形として世間の注目を集めているわ。

 

注目を集めていても、電子データだから目には見えないけど(笑)

アキラ
へ!?お金なのに目で見えない?実態が無いの!?

 

ヒトミ
そうよ。法定通貨の常識ならば、お金はお財布や銀行口座に入れて、必要に応じて引き出し、品物やサービスと交換するのが当たり前ね。

 

でも、仮想通貨は実体を持たずにデータのやり取りだけで、お金として流通してるの。

これまでの常識では考えられない仕組みだから、固定観念を捨てて話を聞いた方が、きっと理解が早いと思うわ!

 

そもそも仮想通貨って、どうやって生まれたの?

 

アキラ
何だか新しすぎて、まだ良く解らないな。本当にお金として使えるの?
ヒトミ
最近では、日本でもビットコインによる決済を大手家電量販店や、旅行代理店、

飲食店の一部が導入して、着実に私達の生活に浸透を始めているわ。

 

アキラ
そもそも、誰が仮想通貨なんて考え出したの?
ヒトミ
いい質問ね。それじゃ、次はどうやって仮想通貨が生まれ、

どんな技術で運用されているのか、見ていきましょ!

 

世界最初の仮想通貨、ビットコインは

サトシ・ナカモトと名乗る人物が生み出したと言われているわ。

 

アキラ
へぇ~!日本人なの?!
ヒトミ
いいえ。詳しい正体を知る人はいないわ。

日本人ではなく、中国人だという説や、

個人ではなく複数の組織、人間じゃなくて実はAIだったとか、様々な説があるわ。

 

アキラ
まさに謎の人物なんだね。
ヒトミ
2008年にサトシ氏がインターネット上で論文を発表したの。

彼はその論文で、仮想通貨の考え方と、その仕組みを可能とする「ブロックチェーン」という技術を発表するわ。

すると彼の論文を読んで感銘を受けた世界中のプログラマーが

開発に協力し、最初の仮想通貨、ビットコインは誕生。

2010年にはビットコインとピザを交換する取引が成立し、それ以降、

次第にビットコインで決済できるモノやサービスが増えて行ったの。

 

アキラ
ピザかぁ。お腹すいてきたな・・・・・!
ヒトミ
ちゃんと話を聞いてないと、ピザじゃなくて私のキャットビームを

お届けするわよ!!

 

 

ビットコインを支える技術「ブロックチェーン」

 

アキラ
コンピューターでプログラムされたお金だったら、

ハッキングやデータ改ざんの危険に常に晒されていそう。

なんだか危なっかしくて信用できないよ。

 

ヒトミ
ちょっとはコンピューターに詳しそうな事を言うじゃない!さすが、

落ちこぼれでも

ロボット工学を専攻しているだけの事はあるわね!

 

サトシ氏が開発した新技術「ブロックチェーン」によって、データの改ざんはほぼ不可能よ。

ブロックチェーンとは

ネットワーク上で巨大な台帳をみんなで管理・更新できる仕組みで、誰もが閲覧可能

 

過去の全ての取引データもブロックでまとめられ、

それが鎖のように繋がっている為、仮に悪意のある人が現在のデータを改ざんしようとしても、

過去のデータとの整合性が取れない為、

正しい取引として承認されず。台帳には記録されないわ。

この不正・改ざんが出来ないブロックチェーンという技術を、参加者全員で

監視・運用していく事で、仮想通貨の信用が担保されているのよ

 

アキラ
へぇ~!!技術的に信頼できる事が、お金としての信頼の担保になるって事か!
ヒトミ
その通りよ!これまでの法定通貨は国の信用イコール通貨の信用であり、

国や銀行といった力のある組織が管理する中央集権型だったけど、仮想通貨は

ブロックチェーンという新技術で信用が担保され、国や銀行が関与していない、

非中央集権型の全く新しいお金の仕組みなの!

 

ブロックチェーンに関しては、こちらの動画でも解りやすく ゆるーく解説しているから、

参考にしてみてね。

 

 

まとめ

 

ヒトミ
今日のポイントをまとめるわ。

  1. これまでの法定通貨とは異なる新しいお金の仕組み
  2. 紙幣や硬貨といった実体が無いデジタルデータ
  3. 国や銀行が管理しない「非中央集権型」の運用
  4. ブロックチェーンという新技術が信用の担保

以上が、まずは知るべき仮想通貨の特徴よ!

 

アキラ
なるほどね!これでボクも仮想通貨について語れるようになったぞ!

 

ヒトミ
少しは興味を持ってくれたかしら?

次の回からは、それぞれの仮想通貨にテーマを絞り、アルトコイン毎に分けて解説をしていくわ!!

 

BITPOINT

bitbank

-仮想通貨とは?

Copyright© 我ら!!ネコ仮想通貨防衛軍 , 2019 All Rights Reserved.